お知らせ(9.7 更新! NEW!)

DSCN1372v.jpg

 9月最初の週末、本と音楽のイベントとして、「東山魁夷を聴く~絵本とピアノの贈り物 vol.2~」が開催されました。出演は、北欧(ノルウェー、フィンランド)に留学後、現在は日本と北欧を拠点に演奏活動をされているピアニスト、安保美希さん。昨年12月に続いての響き館公演となりました。前回は、得意のレパートリーである北欧の音楽を、北欧の絵本紹介とともに聴かせてくださいましたが、今回はがらりと雰囲気を変えて、オール、ドイツ・オーストリアの名曲プログラム。 8月29日より始まった「東山魁夷展」(@京都国立近代美術館)にちなみ、魁夷にちなんだ絵本や画文集の紹介とともに、見事な演奏を聴かせてくださいました。絵本「白い馬」(東山魁夷/絵 松本猛/文 講談社)の紹介では、魁夷の代表作となった連作「白い馬」シリーズの中の一枚「緑響く」の誕生の契機となった、モーツァルト「ピアノ協奏曲 K.488」第2楽章他を、また画文集「四季めぐりあい」(講談社刊)の紹介では、季節ごとのイメージで、ベートーヴェン、ブラームス、シューベルト、シューマンの珠玉の名曲たちを演奏されました。ドイツ・オーストリアは、留学や旅行を通して魁夷にとって大切な土地であり、またモーツァルトの音楽との出逢いは、生涯を共にする「伴侶」を得たというほど、大きなものだったそうです。安保さんの紡ぎ出す音楽は、その誠実なお人柄のままに、一つ一つの音や旋律を大切にかみしめるような、丁寧な演奏で、それぞれの曲の魅力が素直に心に響いてきます。そして、何といっても今回特に感じたのは、その選曲の素晴らしさです。どれも、絵のイメージから直感で選ばれたとのことでしたが、公演のMCでは、曲の解説とともに、魁夷はもちろん、ご自身との関りやイメージなども丁寧にお話してくださり、初めて耳にする曲でもとても身近に感じることができました。晩年、魁夷は「描くことは「祈り」である」と語ったそうです。音楽を聴きながら魁夷の絵を改めて眺めていると、魁夷が「風景」の向こうに描こうとしていたものが、見えてくるようにも思いました。

 本のある空間に魅了され、昨年から「本と音楽のプロジェクト」(Honmonotone)をスタートさせた安保さん。その新しい試みと演奏スタイルで、今後ますますの活躍が期待されます。そしてまた響き館でも、絵本とともに素敵な音楽を奏でてくださる日を楽しみに待ちたいと思います。北欧での演奏活動から帰国されたばかりのお忙しい中、公演準備に取り組んでくださった安保さん、雨の中会場へお越しくださり、熱心に耳を傾けてくださったご来場の皆様、本当に有難うございました。

 

※「生誕110年 東山魁夷展」は、10/8まで京都国立近代美術館にて開催中です。氏の芸術の集大成の一つ、圧倒的なスケールの唐招提寺の襖絵の他、年代やジャンルごとに代表作を一度に目にすることのできる貴重な機会となっています。是非、足をお運びください。

 

<演奏曲目>

シューマン「森の情景」Op.82 ~第1曲「森の入り口」(オープニング)

モーツァルト:ピアノソナタ K.282~第2楽章

モーツァルト(ライネッケ編曲):ピアノ協奏曲 第23番 K.488~第2楽章

ベートーヴェン:ピアノソナタ第24番「テレーゼ」~第1楽章

ブラームス:6つのピアノ小品 Op.118~第2曲:間奏曲

シューベルト:即興曲 第3番 Op.90-3

シューマン:子どもの情景 Op.15 ~第1曲「知らない国々」

ドビュッシー:夢(アンコール)~企画展おすすめ「にいさん」(いせひでこ/作 偕成社)に寄せて

魁夷展.jpg

晩夏から秋へと移ろう季節、9月1日(土)に、美しい名画とピアノの名曲をたっぷり味わえるコンサートを開催します。京都国立近代美術館で開催される「生誕110年 東山魁夷展」(8/2910/8)に合わせ、魁夷が残した滋味あふれる画文集や、魁夷の創作の源をモチーフにした絵本の紹介とともに、モーツァルトをはじめとする、ドイツ・オーストリアの珠玉の名曲を堪能します。演奏は、昨年12月の公演で、北欧の絵本とともに数々の素晴らしい演奏を聴かせてくださった安保美希(あんぼみき)さん。ノルウェー国立音楽大学やシベリウス音楽院で本格的に学ばれ、現在、日本と北欧を拠点に「本と音楽」をテーマにした演奏活動を展開中の安保さんならではの、華麗な技巧と情感たっぷりのピアノ演奏をご堪能ください。 

 

尚、公演後恒例のティータイムでは、美味しいロンネフェルト紅茶を味わいながら、開催中の企画展「太陽と海の季節に味わう絵本」をゆったりお楽しみいただけます。皆様のご参加を楽しみにお待ちいたしております。

 

※ご予約は、8月18日(土)正午~ 先着順にて受け付けます。詳細は「イベント」ページをご覧ください。

 

ambo.jpeg

goch-s.jpg

いよいよ梅雨明けも間近、夏はすぐそこです。この夏、響き館では7月7日(土)より、「太陽」と「海」をキーワードにした企画展を開催、この季節に是非味わってほしい絵本を特集します。降り注ぐ陽の光、きらめく海、ぬけるような青空と白い雲、あらゆる生命が輝く季節--厳選された国内外の絵本を通して、そんな「夏」を胸いっぱいに感じ取っていただけたらと思います。  

 企画展おすすめの一冊「にいさん」(いせひでこ/作 偕成社)は、画家ゴッホと、不遇だった彼を生涯慕い支え続けた弟テオの物語。全編テオの語りで綴られる物語からは、兄ヴィンセントへの深い愛情と想いが溢れ出します。同じ「絵描き」としてゴッホを尊敬し、1990年以来その足跡をたどる旅を続けてきたいせひでこ氏による、心を揺さぶる言葉と、見事な色彩と筆致が目に焼き付くような絵画。長い旅と思索の果てに辿り着いた、まさに渾身の一冊ともいえる傑作絵本です。 

 うだるような暑さが厳しい季節ですが、絵本の中の素晴らしい絵とことばのコラボレーションに、心地よい「夏」を感じていただければと思います。

鳥山由紀+橘高.jpg

まもなく訪れる雨の季節、6月23日(土)に、響き館ではそんな季節に相応しいイベントを開催することになりました。出演は、昨春に続いて2回目となる、絵本専門士、絵本セラピスト(R)の鳥山由紀さんと、こちらは初登場となる、箏奏者の橘高幸(きったかさち)さん。

 

長く続く梅雨空に、重く憂うつな気分になりがちな時節--お二人のコラボレーションで、「雨」にちなんだ数々の素晴らしい絵本の読み語りと、繊細で心地よい箏の調べに耳を傾けて、楽しく優しい気持ちに変えてみませんか。

 

公演後恒例のティータイムでは、美味しいロンネフェルト紅茶を味わいながら、館内の絵本をゆっくりお楽しみいただけます。皆様のご参加を楽しみにお待ちいたしております。

 

※ご予約の受付は、6月9日(土)正午~ となります。お申込み方法など、公演の詳細は「イベント」ページをご覧ください。

DSCN1322v.jpg

去る4月7日(土)、絵本とピアノのコンサート~ことばと音で紡ぐ「春」の情景~が開催されました。出演は、ピアニスト(作曲家)で絵本朗読家の馬部恵子さん。響き館では3度目の公演ですが、今回は時間を1時間に拡大し、とても充実したプログラムとなりました。今回馬部さんがピアノと絵本を通して描こうとされたのは、冬から春へと変化していく季節の情景。冬景色や雪をテーマにしたピアノ曲から、暖かい春の情景まで、しっとりと奏でられるピアノ曲は、どれもとても美しく、一音一音が心の奥深くにそっと届くようでした。しかし何といっても今回一番の聴きどころは、朗読とオリジナルのピアノ曲を合わせた、絵本の「弾き語り」。まど・みちおさんの詩と南塚直子さんの銅版画が美しく溶けあう絵本「キリンさん」(小峰書店)からは、「くまさん」と「はるのさんぽ」が紹介されました。みずみずしい春の喜びを感じさせるピアノの旋律に、馬部さんの優しいトーンの声が重なり、美しい銅版画に見入る---そんな至福のひと時でした。また桜をテーマにした絵本の紹介では、中盤の躍動感のあるピアノのリズムに合わせた伸びやかな朗読が素晴らしく、またラストでは、ひらひらと舞う桜の花びらを表現するピアノの音型が、余韻たっぷりに、いつまでも聴き手の耳に残りました。ピアノを教える傍ら、15年以上に渡る小学校での読み聞かせの活動の中で、絵本のイメージに合わせたピアノ曲の作曲に取り組まれてきたという馬部さん。その作曲のセンスは本当に素晴らしくて、絵本の絵や物語にこめられたメッセージを、見事に音で表現されます。以前は朗読とピアノ演奏を分ける形だったのが、最近力を入れられているのが、ピアノを弾きながらの朗読、言わば絵本の「弾き語り」というスタイルです。一般的な歌の弾き語りと異なり、メロディーのない朗読では困難と思われますが、馬部さんの朗読はむしろ弾き語りによって、より伸びやかで、活き活きとしているように感じられました。それはやはり、自身で作曲された音楽の力が、語りの世界を更に豊かにしてくれているということなのでしょう。今回の公演は、絵本の「弾き語り」の魅力をたっぷり味わうのと同時に、これからの可能性に対する期待がますます膨らむものでした。プログラム作りから、とても真摯で丁寧な準備を重ねてくださった馬部恵子さん、そして初めての土曜日開催ということもあり、多数ご来場くださった皆様、本当に有難うございました。

1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 ...
Today's Schedule
2022.10.02 Sunday