ご報告とご挨拶

響き館を応援してくださる皆様へ 

 

2010年4月、「大人のための絵本館」として開館してから、早いもので10年の歳月が流れました。響き館では、只今、開館10周年記念企画展:絵本「きこえる?」の世界~はいじまのぶひこ作品展~を開催中です。 

 

そして突然のご報告ではありますが、今回の企画展の終了(5月6日予定)をもちまして、10年間の活動に一旦区切りをつけ、活動の形態を変更することにいたしました。これまで10年間続けてこられたのは、皆様のご支援のお陰です。本当に有難うございました。 

 

今回の企画展は、これまで応援してくださった皆様への感謝の気持ちをこめてお届けする、この10年間の集大成と言えるものです。

 

【絵本「きこえる?」の世界~はいじまのぶひこ作品展~】

http://hibikikan.com/free/exhibition

 

また、同時開催企画として、10年間大切に温めてきた企画、絵本「森かげの家」(絶版)の紹介を中心にした春の絵本展示も好評開催中です。詳しくは、こちらをご覧ください。

 

【絵本「森かげの家」と春に寄せる絵本】

http://hibikikan.com/free/exhibition2 

 

今回の企画展終了後は、これまでの活動の中心であった「絵本カフェ」は長期休業とさせていただきます。期限は決めておりません。カフェ休業中も、期間限定の絵本原画展や、朗読や音楽の公演、講演会やワークショップ、ブックフェアなどのイベントをおこなうことを考えておりますので、どうぞ楽しみにお待ちいただければと思います。ご案内をご希望の方は、是非、メール配信希望の登録をお願いいたします。(今後SNSや Web Shop の開設等も検討中です。)

http://hibikikan.com/contact

 

カフェの休業に伴い、今後、響き館での活動はイベントを中心とした極めて限定的なものになりますが、対外的な活動(外部での公演やイベント、執筆など)を含め、これまでとは違ったスタンスで、絵本に関わる学びや活動の幅を広げながら、次の10年間に向けて、改めて方向性を打ち出したいと思っています。響き館は「閉館」ではなく、前向きな形での「休館」であること、どうかご理解の上、今後ともご支援いただければ幸いです。また皆様によいご報告ができる日を楽しみに、頑張りたいと思っております。 

 

皆様におかれましては、新型コロナウィルスの感染拡大で、日々不安な毎日を送られていることと思います。一日も早い収束を願うばかりです。響き館では、少しでも皆様に安心して、ご来館、ご鑑賞いただけるように、出来る限りの対策を講じてまいります。会期も残り少なくなってまいりますが、会期終了までの間に、是非、皆様とお会いできますことを心から願っております。ご来館、ご予約、お待ちしております。

 

感謝をこめて、今後ともどうぞよろしくお願いいたします。 

 

令和2年4月

小さな絵本美術館カフェ・響き館

店主