開催中の企画展(「おどりたいの」豊福まきこ・絵本原画展 NEW!)

響き館 2020 冬の特別企画展Ⅰ 

 

「おどりたいの」豊福まきこ・絵本原画展(1/10 ~ 1/26)

 

 

令和の時代になって初めて迎える新年、響き館では、冬の特別企画展として、「おどりたいの」 豊福まきこ・絵本原画展を開催いたします。

 

絵本「おどりたいの」は、勇気を出して新しい世界に飛び込む、うさぎの物語。森でバレエの世界に出会い、一目で魅了された真っ白な子ウサギは、「自分も踊りたい」という一心で、勇気を出して教室の扉をたたきます。「好き」はすべての原動力。知らない世界に飛び込む勇気を、後押ししてくれる一冊です。

 

豊福まきこさんは、デビュー作「わすれもの」以来、その温かいストーリーと画風で注目の絵本作家。2作目となる「おどりたいの」では、主人公のうさぎの愛らしさはもちろん、バレエの細やかな動きや衣装、小道具なども細緻に描き出し、読者を活き活きと躍動するバレエの世界へと誘います。特にクライマックスとなる、月夜のバレエ発表会のシーンは圧巻です。本展では、「おどりたいの」の貴重な原画を10点展示いたします。原画ならではの、繊細で温かな色彩と筆づかいを、どうぞご堪能ください。

 

ますます寒さの厳しくなる季節ですが、美しい絵本原画と、厳選された絵本たちに囲まれて、温かく豊かな時間を響き館でお過ごしください。

 

<お知らせ> 

会期中の休館日:火曜日、水曜日  ※木曜日(16日、23日)はOPEN

※臨時休館、時間変更は、トップページでお知らせいたします。

※響き館は大人のための絵本美術館カフェです。小さなお子様やご歓談のためのご利用はできませんので、ご理解、ご協力をお願いいたします。

 

<作家プロフィール>

豊福まきこ

 

東京都出身。武蔵野美術大学造形学部卒業。広告代理店でグラフィックデザイナーとして勤務したのち、フリーランスのイラストレーターに転向。新聞・雑誌・バレエ専門誌・児童書籍の挿絵など幅広く手がける。「わすれもの」(BL出版)が絵本のデビュー作。


<関連企画・イベント>

1月18日(土) フランス・バレエ音楽と名曲の愉しみ~絵本とピアノの贈り物  vol.3~

本のある空間で音楽を奏でるピアニスト、安保美希さんが3度目の来演。絵本「おどりたいの」の紹介とともに、フランス・バレエ音楽と名曲の数々をたっぷり聴かせてくれます。

 

おどりたいの.jpg

 「おどりたいの」(豊福まきこ/作 BL出版 2018)  1430円(税込)

※館内にて好評販売中