お知らせ(2.6 更新! NEW!)

好評につき、追加公演を企画します! 「朗読と音楽で綴る~文学と絵本散歩~ vol.9」

「朗読と音楽で綴る~文学と絵本散歩~ vol.9」は、只今「キャンセル待ち」にて承っておりますが、好評につき、下記の通り、追加公演を企画いたします。 

実に4年ぶりの朗読イベントです! たくさんのご参加をお待ちしております!

 

* * *

日時:2024年3月2日(土) 13:00開演(12:30開場)

※約1時間の公演後、館内の絵本を楽しむティータイム。

 

出演:馬場精子(朗読家)

 

会費:2,800円(要予約・先着順、ロンネフェルト紅茶つき)

 

【プログラム】

「ひばりに」(内田麟太郎/詩 うえだまこと/絵 アリス館 2021)

「ふたりのねこ」(ヒグチユウコ/作 祥伝社 2014)

「海のアトリエ」(堀川理万子/作 偕成社 2021)

 

お申込み方法:

下記、ご予約ページより受付中(先着順・定員10名)

https://hibikikan.com/reservation/event/ 

 

公演詳細ページ → https://hibikikan.com/free/bungaku-ehon-9

 

【追加公演にお申し込みの方へ】

公演内容は同じですが、下記、ご了承の上、ご予約をお願いいたします。

1)原則6名様以上で公演成立(5名以下の場合は開催見送り)となります。

2)ティータイムは1時間程度、延長ができません。本公演の開場時間(15時)までにはご退場いただく形になります。

3)ロンネフェルト紅茶は、紙製容器でのご提供になります。

 

【本公演と共通事項】

※席数が少ないので、ご予約は2名様まででお願いいたします。 

※大人対象のイベントです。お子様連れでのお申込みはできませんので、どうかご了承願います。

※直前のキャンセルにつきましては、キャンセル料規定がございます。少人数のイベントのため、直前のキャンセルは影響が大きく、ご理解、ご了承をお願いします。

 公演3日前~前日まで・・・入場料の50%

 公演当日・・・・・・・・・入場料の100%

約4年ぶり、待望の開催です! 朗読と音楽で綴る~文学と絵本散歩~ vol.9

この春、響き館にようやく「生の朗読」が帰ってきます!!

2014年以来、朗読家の馬場精子さんをお迎えしてお届けしてきた「朗読と音楽で綴る~文学と絵本散歩~」。コロナ禍以降、中断を余儀なくされておりました好評のイベントが、約4年ぶりに待望の開催となります!

9回目となる今回は、一昨年の原画展で大好評を博した「海のアトリエ」(堀川理万子/作 偕成社)をはじめ、東日本大震災で傷ついた子供たちの心に優しく寄り添った詩の絵本「ひばりに」(内田麟太郎/詩 うえだまこと/絵 アリス館)、そして現在人気絶頂のヒグチユウコさんの絵本デビュー作「ふたりのねこ」(ヒグチユウコ/作 祥伝社)を、大型スクリーンに映し出された美しい絵と音楽とともに朗読します。いずれも近年の国内の絵本を代表する作品ばかりで、まさに珠玉のプログラムと言えるでしょう。

馬場精子さんが、長年のキャリアの中で追求されてきた「芸術としての朗読」を、言葉と絵と音楽の美しいコラボレーションでご堪能ください。

尚、公演後恒例のティータイムでは、美味しいロンネフェルト紅茶を味わいながら、春の特別絵本展示もゆっくりお楽しみいただけます。皆様のご参加を楽しみにお待ちいたしております。

※公演詳細ページ https://hibikikan.com/free/bungaku-ehon-9

 

【プログラム】

「ひばりに」(内田麟太郎/詩 うえだまこと/絵 アリス館 2021)

「ふたりのねこ」(ヒグチユウコ/作 祥伝社 2014)

「海のアトリエ」(堀川理万子/作 偕成社 2021)

* * *

日時:2024年3月2日(土) 15:30開演(15:00開場)

※約1時間の公演後、館内の絵本を楽しむティータイム。最大18時までお楽しみいただけます。

出演:馬場精子(朗読家)

会費:2,800円(要予約・先着順、ロンネフェルト紅茶つき)

お申込み方法:

2月3日(土)15:30~、下記、ご予約ページより受付(先着順・定員10名)

https://hibikikan.com/reservation/event/ 

感謝をこめて。2024年もどうぞよろしくお願いいたします。

大晦日の朝。いよいよ2023年も幕を閉じようとしています。

秋冬の特別開館「たびする木馬」牡丹靖佳 絵本原画展も、「クリスマス・キャンドルと絵本の夕べ」と同時開催となったアンコールも含め、全日程を終了いたしました。木馬のブランとともに駆け抜けた、延べ33日間。今回もたくさんご来場いただき、本当に有難うございました!

ユニークな木馬定点絵本として話題になったこの絵本。変わらなかったのはブランの位置や姿ではなく、ブランの「心」だったのかもしれません。誰かを乗せることが一番の幸せで、人々の笑顔や笑い声に包まれながら、次はどんな人が乗ってくれるだろうと心をときめかせる。ブランのその心は一度も変わることはありませんでした。どんな時代に生まれても、時代がどんなに変化しても、どんな世界や環境の中におかれても、自分らしさを失わず走り続ける・・その大切さは人間も同じように思います。

2024年の春、響き館は開館14周年を迎えます。考えてみると、響き館という空間も、14年間その場所を変えることなく、ずっとここにありました。辛いこと、大変なこともたくさんありましたが、「響き館らしさ」を変えることなく続けていれば、たくさんの素晴らしいお客様との出会いがあり、絵本を通して限りなく幸せな時間を共有できる・・最終日のキャンドルの灯りを消しながら、そんなことを実感して、心がじんと温かくなりました。

素晴らしくお洒落で美しい原画をご提供くださった牡丹靖佳さん、プロモーション映像で心に響く朗読をしてくださった馬場精子さん、開催に当たりきめ細かくサポートしてくださったアリス館の郷原さん、槇野さん、そしてご遠方の方も含めて、特別開館を楽しみに足を運んでくださったお客様、すべての方々に対して、感謝の気持ちでいっぱいです。

来年度もさまざまな企画にチャレンジし、皆様によい絵本との出会いをお届けできるよう、精進したいと思います。次の企画やイベントは、決まり次第、お知らせいたしますので、どうぞ楽しみにお待ちください。また次にお会いできる日を楽しみにしています!

IMG_20231225_184731150.jpg  IMG_20231225_184439173.jpg

今年も開催! クリスマス・キャンドルと絵本の夕べ&「たびする木馬」アンコール(12/22~25)※ご予約は12/9  15:30~受付開始!

2023年もいよいよ最終盤、今年も12月22日(金)~25日(月)に、4日間限定で、恒例の「クリスマス・キャンドルと絵本の夕べ」を開催することとなりました。しかも今回は「たびする木馬」原画展のアンコールも!牡丹靖佳さんによる美しい原画を引き続き展示する他、朗読家・馬場精子さんの語りと音楽による、オリジナルプロモーション映像もアンコール上映いたします。ゆれるキャンドルの灯りと、上質の絵本と音楽に囲まれて過ごす、響き館ならではの贅沢な「大人のための絵本時間」。今年を締めくくるに相応しい、素敵なイベントとなるよう、たくさんの特典と演出をご用意してお待ちしております!

***** 

【クリスマス・キャンドルと絵本の夕べ&「たびする木馬」原画展アンコール】

開催日時:12月22日(金)~25日(月) 15:30~18:00

入場料:2,000円(ロンネフェルトのクリスマスティー、クリスマスデザートつき)

 

ご予約は下記専用ページより、受付中(先着順 各日定員10名)

https://hibikikan.com/reservation/event 

 

※少人数のため、お申し込みは大人2名様まででお願いいたします。

※複数の日程を重複してのお申し込みはできません。(第二希望等はご予約時に承ります。)

※直前のキャンセルにつきましては、キャンセル料規定がございます。

公演3日前~前日まで・・・入場料の50%

公演当日・・・・・・・・・入場料の100%

※最少催行人数、約5名様程度といたします。

 

***** 

1)夕刻より、各テーブルのキャンドルに点火、ミニガーデンのイルミネーションも点灯します。Jazzのゆったり流れる店内で、大人限定の絵本カフェならではの演出をお楽しみください。ジャズピアノによる、クリスマスナンバーの自動演奏も予定しております。

2)「たびする木馬」(牡丹靖佳/作 アリス館)の美しい原画を引き続き展示する他、朗読家・馬場精子さんのの朗読と音楽によるプロモーション映像もアンコール上映! さらには、特選クリスマス絵本の紹介タイムも(2冊を予定/ 1冊は昨年と同内容です)。作品を読み解きながら、改めて絵本の魅力について店主からお話しいたします。

3)ドイツ・ロンネフェルト社からは、季節限定のクリスマスティーの新作「ルイボスウィンタープラム」を。コクのある上質なルイボスに、甘くフルーティーなプラムとシナモンの温かな香りを調和させました。ロンネフェルトならではの豊潤な香りと味わいで、心も身体も温まります。デザートには、特製プチ・チーズケーキに、クリスマスの定番、美味しい「シュトーレン」を添えて。シュトーレンは7種類のスパイスをブレンドしてじっくり焼き上げた、本格的な味わいです。

※プログラム内容や、タイムテーブル、メニューは、変更になる場合もございます。どうかご了承ください。

00.jpg

【お待たせしました! 11月10日(金)~12月18日(月)】 秋冬の特別開館「たびする木馬」牡丹靖佳 絵本原画展を開催します!

「どんな場所でも、どんな時も。けんめいに前を向いて走った木馬の、長い長い物語」・・・お待たせいたしました!2023年、秋冬の特別開館は、「たびする木馬」(牡丹靖佳/作 アリス館)絵本原画展を開催いたします!

大切な人との出会いと別れを繰り返しながら、長い時の流れの中を走り続けた、メリーゴーラウンドの木馬「ブラン」の物語。ブランの姿が常に中央に描かれ、背景のみが変化していくという、ユニークな「定点観測絵本」としても話題の作品。「おうさまのおひっこし」(福音館書店)などでも知られる牡丹靖佳さんの絵は、本作でも極上の美しさ。シンメトリーを活かした装飾的な様式美に、淡く美しい色彩の妙は、牡丹さんの作品ならではです。

会期は11月10日(金)~12月18日(月)。来館予約制となります。会期中は、限定サイン本の販売の他、ご好評いただいている朗読家・馬場精子さんの朗読と音楽によるプロモーション映像上映、愛らしい木馬のフィギュア「リアル・ブラン」も登場予定です!

紅葉のベストシーズンでもある、秋の京都で、皆様とお会いできるのを楽しみにしています!

 

【秋冬の特別開館 開催概要】 

開催日:11月10日(金)~12月18日(月) 

休館日:火曜・水曜

開館時間:13時~18時(入館・ラストオーダー:17時まで) 

入館料:700円(税込み 1ドリンクつき ※美味しいスイーツも追加でご用意)

 

※展覧会の詳細→ https://hibikikan.com/free/exhibition-2023-b 

※来館予約はこちらから(事前予約制/遅くとも前日までにお願いします)

https://hibikikan.com/reservation/event/ 

1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 ...
Today's Schedule
2024.03.04 Monday