お知らせ(6.15 更新!)

2015-04-13 16:00:00

温かな日差しと新緑が心地よい、春の季節、開館5周年を迎える響き館は、記念企画展として、4月18日(土)~6月15日(月)の期間、絵本「ことり」南塚直子・原画展を開催いたします。絵本「ことり」は、昨年惜しまれつつも104歳で亡くなられた詩人まど・みちおさんの100歳を記念して出された詩のえほん。常に小さな生命(いのち)を見つめ、そこに敬愛の情を惜しみなく注いだ氏の、珠玉の11篇の詩に、南塚直子さんが手がけた精緻で美しい銅版画が添えられています。まどさんと南塚さんの共作による、詩集絵本シリーズは本作が4作目。ことばと絵が美しく響き合う、味わい深い世界は、シリーズの中でも特に大人の読者の心に響くものとなっています。今回の原画展では、初公開となる、絵本「ことり」の貴重な原画11点と、またそれとは趣きの異なる、南塚直子さんの銅版画作品5点を展示(こちらはご購入も可能です)、その美しさをご堪能していただけます。期間中の絵本展示は、南塚直子さんの手がけた素晴らしい絵本作品はもちろん、「春によみたい絵本」「版画で描き出す絵本の世界」というテーマで特集を組みます。以下の関連イベントとあわせ、心躍る春のひとときを、響き館でゆったりとお過ごしください。

 

※期間中は、特別入館料800円(1ドリンクこみ)となります。どうぞよろしくお願いいたします。

 

<関連企画・イベント>

1)絵本「ことり」 朗読と映像・音楽によるプロモーションとブックトーク

※プロのナレーション(朗読・福山ひでみ)と映像・音楽、そして簡単な解説で作品の魅力を紹介します。

※時間は毎日随時ですが、混雑状況等により実施できない場合もあります。

 

2)絵本「ことり」 ~南塚直子さんのサイン入り本(数量限定)を販売します。

 

3)南塚直子さんのギャラリートークを開催します。これまでのキャリアを振り返りつつ、創作にかける想いと新たな挑戦、まどさんとの思い出、作品誕生の背景など、貴重なお話をうかがう予定です。開催日、内容詳細、お申し込み方法などは、後日あらためてお知らせします。

 

4)南塚直子さんの美しい銅版画作品の展示・販売をおこないます。空間に優しく温かい彩りを添える作品ばかりです。ご自宅用や、プレゼントにもどうぞご検討ください。

 

<南塚直子・プロフィール>

和歌山県に生まれる。津田塾大学卒業後、ハンガリー国立美術大学で油絵と銅版画を学ぶ。絵本に『やさしいたんぽぽ』『うさぎのくれたバレエシューズ』『エッフェルとうのあしあと』『たんぽぽヘリコプター』『海うさぎのきた日』(小峰書店)、『青い花』(岩崎書店)などがあり、画文集に『ブタペストの夢電車』(小峰書店)がある。『うさぎ屋のひみつ』(岩崎書店)で赤い鳥さし絵賞、『キリンさん』(小峰書店)で第4回日本絵本賞を受賞する。現在、京都にて陶板を学ぶ。(小峰書店HPより転載・加筆)

 

注)画像出展 絵本「ことり」~「りんご」(まど・みちお/詩 南塚直子/絵 小峰書店刊 2009)