お知らせ(5.20 更新!)

2014-11-16 23:20:00

 古都・京都は間もなく美しい紅葉がピークを迎え、また厳しい冬の季節へと向かっていきます。この秋冬の季節、響き館では、20日(木)より、企画展「気づきの絵本、見つける絵本」を開催いたします。物語の主人公が何かに気づいたり発見したりする作品はもちろん、読者である「大人」が「絵本を通して、何かに気づき、発見してほしい・・・」、そんな願いを込めて、作品を選んでみました。

 

 そんな企画展おすすめの一冊は、「クジラにあいたいときは」(講談社)。「クジラに あいたい ときは まどが いる/ それと うみも」・・・印象的な書き出しで始まるこの美しい絵本は、全米各誌で話題となり、世界11ヶ国語に翻訳されたベストセラー。ジュりー・フォリアーノが綴る言葉は、少し哲学的な主題を含みつつも、まるで詩のように美しく優しい響き。またコルデコット賞作家のエリン・E・ステッドの描く絵は、精緻な鉛筆画とリノリウム印刷技術を用い、繊細で洗練された美しさに溢れています。静かで豊かな時間がゆったりと流れる中、主人公と一緒に、読み手もまた「気づき、発見する」ことのできる、そんな素敵な絵本です。

 

 じっくりと絵本を味わうのにピッタリな秋冬の季節、絵本の世界を通して、「気づきと発見」の旅に出てみては如何でしょうか。

 

※秋冬の企画展では、並行して、とっておきのクリスマス絵本、冬と雪の絵本も展示いたします。クリスマスの贈り物に絵本をお考えの方も、どうぞお越しください。