お知らせ(6.15 更新!)

2014-04-04 10:22:00

ようやく厳しい冬も終わり、京都は桜も満開の季節を迎えました。この、穏やかな春の季節、響き館では、「気持ちを伝える絵本」と題した企画展を開催いたします。今回選りすぐられた絵本は、物語の中の登場人物どうしの間はもちろん、絵本の作者から読み手に対するメッセージまで、心から伝えたい「想い」の溢れる、心に響く作品ばかりです。

 

企画展おすすめの一冊「ひとりひとりのやさしさ」は、アメリカの絵本作家、J・ウッドソンとM.B.ルイスの実力派コンビが贈る注目作。ある日学校に転校してきたマヤに、心を開くことができない、主人公の女の子クローイは…。少し重いテーマを扱った作品ですが、少女たちの繊細な心情を丁寧に描いた物語と、登場人物の気持ちを映し出すような、まさに正統派と言えるルイスの絵画は秀逸です。特に、深い余韻が胸に染みるエンディングには、絵本のもつ「物語の力」の大きさに心を震わされずにはおられません。

 

 暖かな春の季節、どうか、それぞれの作品を手に取っていただき、絵本の世界に描かれた「心の対話」に耳を傾けながら、豊かなひとときを過ごしてみては如何でしょうか。