お知らせ(9.9 更新! NEW!)

2019-09-09 14:44:00

お待たせいたしました。7月より長期休館とさせていただいておりましたが、今秋、響き館はいよいよ再始動いたします。10月5日(土)~27日(日)は絵本「せかいいちのいちご」原画展、更に会期中の10月26日(土)には、朗読家・馬場精子さんをお迎えして、好評の「朗読と音楽で綴る~文学と絵本散歩~」をお届けいたします。

 

【絵本「せかいいちのいちご」原画展】10月5日(土)~27日(日) 

絵本「せかいいちのいちご」(林木林/作 庄野ナホコ/絵 小さい書房 2018)は、痛烈な社会的メッセージが反響を呼んだ「二番目の悪者」に続く注目作。「ふえると、へる。増えると、減る。」ある日、シロクマのもとに届けられた一粒のイチゴ。毎年冬になると届くイチゴは、年々その数が増えていきますが・・・。思わず考えさせられる物語と、繊細で優美な絵。忘れかけていた大切なものに気づかされる、大人の為の寓話とも言える、上質な絵本です。 

本企画展では、庄野ナホコさんによる、美しい原画の数々をたっぷりお楽しみいただけます。繊細なタッチと、温かみのある色彩。庄野さんの描く世界は、物語にピッタリ寄り添い、この絵本のメッセージを読者の心にじんわりと伝えてくれます。詳細は「開催中の企画展」をご覧ください。

 

休館日:火曜日、水曜日、10月17日(木) ※10/22(火・祝)は開館します。

臨時休館、時間変更は、トップページでお知らせいたします。

 

 

 

【朗読と音楽で綴る~文学と絵本散歩~ vol.7】10月26日(土)15:30~ 

朗読家・馬場精子さんを招いてお届けする好評のシリーズ。今回は原画展開催中の「せかいいちのいちご」の他、ヒグチユウコさんの絵本デビュー作「ふたりのねこ」、はいじまのぶひこ氏による「きこえる?」を朗読予定。いずれも2000年以降に刊行された、珠玉の絵本ラインナップです。言葉と絵と音楽の美しいコラボレーションで味わう「芸術としての朗読」---温かく、豊かで贅沢なひとときを、どうぞご堪能ください。 

  尚、公演後恒例のティータイムでは、美味しいロンネフェルト紅茶を味わいながら、庄野ナホコさんによる美しい原画はもちろん、秋の特別絵本展示もゆっくりお楽しみいただけます。皆様のご参加を楽しみにお待ちいたしております。

 

※ご予約は、10月6日(土)正午~、先着順(約15名定員)で受け付けます。詳細は「イベント」ページをご覧ください。

 

馬場精子2.jpg