お知らせ(5.20 更新!)

2010-04-17 23:47:00

桜をはじめ、色とりどりの花が咲き始め、春風の心地よいこの季節、いよいよ「響き館」がスタートします。開館を機に、初めての企画展として、今月は、『始まりの絵本』と題して、人生の様々な局面での「スタート」を感じさせる絵本を集めてみました。

 

「響き館」を訪れてくださった皆様の中にも、この春から何かを始められる方も多いかと思いますが、今回集めましたそれぞれの絵本の中の主人公たちも、いろいろな意味で新たなスタートを切ります。

 

今月の絵本『愛についてのちいさなおはなし』は、オランダの絵本作家マリット・テーンクヴィストの作品です。海外絵本ならではの、奇想天外な発想と展開の中に込められた希望が、私達の心に爽やかな風を送ってくれます。

 

どうか、それぞれの絵本を是非手にとってご鑑賞いただき、爽やかで心地よい「始まり」を感じていただければ幸いです。