お知らせ(12.17 更新! NEW!)

2018-10-09 15:09:00

10月13日(土)より開催の秋冬の企画展は、昨年惜しまれつつ亡くなったアメリカの絵本作家、M. B. ゴフスタイン(1940-2017)の追悼特別企画展です。昨年12月20日、多くの人々に愛されたゴフスタインがその生涯を閉じました。その日は彼女の77歳の誕生日でした。多くがシンプルな絵と文体で綴られた彼女の絵本は、どれも味わい深いものばかりで、人生の一コマ一コマの輝き、仕事をする人々の尊さを見事に映し出しました。作品の多くは数十年前に書かれたものですが、今日「大人にとっての絵本の意味」を考える際に、なくてはならない存在です。本企画展では、ゴフスタインの業績を偲び、その生涯と作品を、貴重な資料パネルや、朗読映像などを通して紹介いたします。現在国内で販売されている絵本はもちろん、今は入手困難な貴重な作品も併せて展示いたします。同時開催の「秋に読みたい美しい絵本」では、落ち着いた季節に相応しく、ひと際美しい絵と言葉に溢れた作品を味わっていただきます。読書と芸術の秋--大人向きの絵本で、豊かな時間と空間を堪能してみませんか。

 

<会期中特典>

1)ゴフスタインの人柄と生涯を紹介する、写真やセルフポートレイトなど、貴重な資料パネルを展示いたします。

2)追悼企画として復刊された「おばあちゃんのはこぶね」(谷川俊太郎/訳 2018 現代企画室刊)を、美しい朗読とクラシックギターによる映像(朗読:馬場精子氏)で紹介します。

3)最晩年に残したゴフスタイン「最期のことば」(上記絵本に収録)を、彼女の夫であるデイビッド・アレンダー氏が制作された貴重な映像とともに紹介します。

 

2)3)は、併せて約8分間の映像上映と、店主による簡単な解説でお楽しみいただきます。上映時間は随時、お客様の状況に合わせてとなります。できるだけ多くの方にご覧いただけるようにしますが、混雑状況などタイミングによってはご覧いただけない場合もございます。悪しからずご了承ください。

 

DSCN1386.JPG     DSCN1388.JPG