お知らせ(5.20 更新!)

2011-11-28 15:19:00

昨日27日(日)、「ことばと音色で奏でる絵本朗読会」が開催されました。ここ数日の中では、比較的寒さもやわらぎ、街路樹の紅葉が一層輝きを増していました。今回朗読をしてくださったのは、フリーアナウンサーとして30年のキャリアをお持ちの日向(ひなた)のり子さん。後進のご指導の他、長年、ライフワークとして大人のために絵本を朗読されてきました。よく通る美しく澄んだ声と、端正で美しいことばのリズムと響き、そして今回「ことばと音色で奏でる」と題して準備した音楽との呼吸もまさにピッタリで、人間の温かい声と音楽の豊かな音色が溶け合って、夢のような時間を過ごさせていただきました。いろいろな方の朗読を聴いていると、本当に十人十色というか、一つとして同じものはないことに気づかされます。日向さんの朗読は、過度な演出をさけ、聞き手がすーっと物語の世界の中に引きこまれてれていくような、実に心地よいもので、尚且つ、作品の魅力や込められたメッセージがしっかりと心に残るものでした。こうした朗読は、決して一朝一夕にできるものではなく、やはり長年の経験、そして何よりも作品と聞き手に対して誠実に向き合ってこられた結果なのだと強く感じました。細かな打ち合わせ・リハーサルに何度も足を運んでくださった日向さん、スタッフの奥村さん、そして物語にじっくりと耳を傾け、この温かいひとときを共有してくださったご来場の皆様、本当に有り難うございました。