お知らせ(5.20 更新!)

2016-07-04 15:59:00

京都は梅雨明けも間近、いよいよ陽光降り注ぐ、夏の到来です。響き館では、9日(土)より、生命の力を最も感じる季節にふさわしい、夏の特別展を開催します。

 

絵本「水の森」(アノニマ・スタジオ刊 2015)は、屋久島在住の画家・高田裕子さんが初めて手がけた絵本。一滴の滴から、長い時を経て、森が生まれていくという壮大なドラマを、100号サイズの大きなキャンバスを用いて、緻密で圧倒的に美しい絵によって描き出します。実際の風景に想像を交えて描くというその世界には、無数の生命や時間を感じとることができ、作者の「生」に対する深い想いやメッセージが込められています。

 

本特別展では、「水の森」の様々な美しいシーンの展示を始め、朗読と映像と音楽による紹介映像(朗読/福山ひでみ)、さらにこの絵本が誕生する過程を美しく撮影した特別映像を上映いたします<注>。展示絵本には、「水の森」にちなんで、「森や木々」「水」「夏」をキーワードに、選りすぐりの絵本をラインナップ。販売用絵本にも注目の新刊が入荷しております。暑い季節ですが、上質の絵本に囲まれて、まるで森の中で森林浴をしているかのような心地よいひとときを、どうぞ響き館でお過ごしください。皆様のお越しをお待ちしております。

 

※会期中、絵本「水の森」をご購入の方に、作者・高田裕子さんの自筆サインとイラスト入りの、特製ポストカードをプレゼントいたします。数に限りがありますので、お早めにどうぞ。

 

<注>

約8分間程度の紹介ムービーの上映と、店主による簡単な解説でお楽しみいただきます。上映時間は随時、お客様の状況に合わせてとなります。できるだけ多くの方にご覧いただけるようにしますが、混雑状況などタイミングによってはご覧いただけない場合もございます。悪しからずご了承ください。