お知らせ(9.15 更新!)

2016-04-15 13:36:00

今月発売の、「月刊京都5月号」の特集「京の気になる本屋さんへ行こう」の中で、響き館を紹介してくださいました。読書離れが進んでいると言われる昨今でも、京都では新しい書店が出来たり、本に関するユニークな動きが見られたり--とても元気な街と言えます。特集では、京都在住の作家さんのインタビューや、書店や出版の未来を探る提言などもあり、とても興味深い内容となっています。響き館は、一般的には「絵本カフェ」に分類されると思いますが、気持ちの中では、ずっと「絵本屋さん」「絵本美術館」の気持ちで6年間続けてまいりました。お客様が、手にとられた絵本に何かを感じとり、心に残る一冊になってくれれば、これほど嬉しいことはありません。

 

尚、「月刊京都」は、何と創刊65年以上も続いている、京都の情報誌。関西だけでなく、全国の京都を愛する方々に、長く読み継がれてきたそうです。今回も、とても丁寧で心のこもった取材をしてくださいました。ご関心のある方は、是非手にとっていただければ幸いです。