イベント(絵本とJazzの調べ NEW!)

絵本とJazzの調べ   vol.13 

 

開館以来13度目となる、絵本の朗読とジャズのコンサート。あの「星空」(ジミー・リャオ/作)の名演以来、約2年ぶりに待望の開催となりました。出演は、いつも素晴らしい歌声と朗読で私達を魅了してくださる樋口みづほさんと、今回初登場となる、今注目の実力派ギタリスト・北脇久士さん。美しい朗読と、即興をまじえた、豊かで繊細なギター、素晴らしいジャズソングの名曲たち。開館以来、数々の名演を重ねてきた本シリーズが、今回も素敵な絵本の世界をお届けします。公演後恒例のティータイムでは、今回特別展示となる館内の絵本をゆったりお楽しみいただけます。皆様のご参加を楽しみにお待ちいたしております。 

 

* * *

日時:2019年8月24日(土) 15:30開演(15:00開場)

 

※約1時間の公演後、館内の絵本を楽しむティータイム。最大18時までお楽しみいただけます。

 

出演:樋口みづほ(ボーカル、朗読)、北脇久士(ギター)

 

樋口みづほv.jpg     北脇久士v.jpg

 

樋口みづほ (ボーカル・朗読 写真左)・プロフィール

京都市出身。幼少時より歌い始め、ゴスペル、ソウルを経てジャズに出逢う。Vocalを浦千鶴子氏、アンサンブルを佐藤由行氏に師事、現在京都・大阪のライブハウス、カフェ、イベント等で活動中。2010年から『朗読&Jazz』として、絵本や詩の朗読にJazzをからませた公演を重ねており、ライフワークとして取り組んでいる。響き館での公演は今回が13回目。音楽性豊かな、独自のプログラムと表現で、毎回好評を博している。

 

北脇久士(ギター 写真右)・プロフィール 
学生時代にギターを手にし、弾き語りを始める。その後、ジャズギターを岡本博文、寺井豊に師事。ガットギターの指弾きによる独自の演奏スタイルから紡ぎ出される深みのある艶やかな音色、繊細さと力強さを併せ持った表現力、確かなグルーブに定評がある。宮野弘紀(gt)ウィリアムズ浩子(vO)MAKOTO(vo)等、その音色に魅せられた多くのミュージシャンと共演を重ねる。創作活勣も精力的に行っており、ピアノ上村美智子とのユニット「Belvedere」では互いのオリジナル曲やワールドミュージック等を独自のアレンジで演奏、好評を博している。また演奏活勣を行う傍ら、講師としても活動している。

 

会費:2,000円(要予約・先着順、ロンネフェルト紅茶つき 約15名定員)

 

お申込み方法: 

8月3日(土)正午以降に、当HPの「お問い合わせフォーム」より、参加者のお名前、人数、ご連絡のつきやすい電話番号をご記入の上、送信をお願いいたします。先着順にて受け付けをさせていただき、確認のメールを返信させていただきます。(会場規模の関係で、原則一組2名様まででお願いしています。数日経っても確認のメールが届かない場合は、記入ミスや誤送信の可能性がありますので、恐れ入りますが、再度ご連絡をお願いいたします。)

 

※非常に小さなスペースですので人数が限られております。先着順を分かりやすくするために「お問い合わせ」フォームからのお申込みにご協力ください。但し、インターネット、メールの環境にない場合は、同じく8月3日(土)正午以降に、ご遠慮なくお電話をお願いいたします(不在の際は、「参加者のお名前、人数、ご連絡先のお電話番号」をメッセージにお残しください)。尚、受け付け開始の直前は、「お問い合わせ」フォームは、一時的に、表示しておりませんのでご了承ください。

 

少人数開催のイベントにつき、公演直前~当日のキャンセルは極力ご遠慮ください。(公演3日前からキャンセル料をいただきます。)

 

大人対象のイベントです。お子様連れでのお申込みはできませんので、どうかご了承願います。

 

 

 

オススメ絵本の紹介・販売

響き館では、企画展と連動した「今月の絵本」、また定番絵本や、これまでの企画展で紹介させていただいた絵本などを、語りや音楽などを用いて、手作りの紹介と販売をさせていただいております。


イベント開催のご相談は、お気軽にお寄せ下さい

響き館では、絵本はもちろん、朗読会や、コンサート、絵画の展覧会、各種ワークショップ、教室など、様々なイベントを開催していきたいと思っています。もし、当館で何か企画してみたいと思われる方は、お気軽に左記のお問い合わせフォームよりご連絡、ご相談下さい。プロの方だけでなく、学生の方や、アマチュア、ボランティアの方も、歓迎いたします。