お知らせ(5.20 更新!)

2010-11-06 14:49:00
「100万回生きたねこ」の作者で絵本作家、佐野洋子さんが昨日72歳で亡くなられました。当館へお越しのお客様も、この絵本を目にすると、ほとんどの方が「これ知ってる!」「やっぱりいいですよね」という言葉を口にされます。出版されてから30年余り、これほど多くの人に読まれ、強い印象を残してきた絵本は数少ないのではないでしょうか。主人公のねこは、生まれて初めて「いつまでも生きていたい」と思った時、皮肉にも「生」は一回限りであることを知ることになります。そんな当たり前の真実を私達に、鋭く突きつけてくるこの絵本は、やはり歴史に残る名作絵本だと思います。佐野さんは、他にもユーモア溢れる絵本を数多く残され、また心に残るエッセイもたくさん残してくださいました。ここに、慎んで佐野洋子さんの業績を偲び、心よりご冥福をお祈りいたします。