おススメ絵本の紹介

響き館では、企画展や、定番絵本、過去に企画展で紹介させていただいた、おススメの絵本をとりあげ、お話もまじえて、紹介、販売をさせていただいております。現在のおススメは、次の絵本です。

 

 

 

 ナタリー・ベルハッセン/作 ナオミ・シャピラ/絵  

 

紙のむすめ

 

光村教育図書 2013

  

 

日本で紹介されることが大変珍しいイスラエルの作品。白い紙の丘に住む、紙から生まれたむすめの元に、ある日おおきな白い紙が飛んできて---。この絵本の最大の魅力は、すべて の絵が精緻で美しい「切り絵」で描かれているだけでなく、物語そのものが切り絵にリンクしているところです。ベルハッセンが書き下ろした優しく温かい物語と、実に40年以上のキャリアをもつシャピラの切り絵の世界が見事に溶け合う、この美しい一冊は、その造本・装丁の美しさも相まって、2015年ドイツ・ライプチヒで開かれた「世界で最も美しい本」コンクールに日本から選ばれて出品されました。

 

daughter00.jpg

 

※定価1512円(税込み) 館内にて、好評販売中です。