イベントのお知らせ(NEW!)

 ジミー・リャオ 絵本「星空」朗読会

 

~絵本とJazzの調べ vol.12~

 

 

 

開館以来12度目となる、絵本の朗読とジャズのコンサートを開催します。今回取り上げる作品は、台湾の国民的絵本作家ジミー・リャオの「星空 The Starry Starry Night」。思春期の少女の孤独や不安、憧れ、成長を、ジミーならではの独創的な色彩と造形による絵画世界で、見事に描き出した傑作です。2011年には映画化もされた(※今秋、公開が決定)この作品は、ジミーの作品の中でも最高傑作のひとつと称され、長く邦訳が待たれていました。本公演では、深く美しい声で私達を魅了してくださるジャズボーカリストの樋口みづほさんと、気鋭のジャズピアニスト、西脇敦子さんのお2人が、この素敵な絵本を、美しいスクリーン映像とともに、朗読に、即興を交えたスタンダードジャズを絡めてお届けします。

 

公演後恒例のティータイムでは、館内の絵本をゆったりお楽しみいただける他、「星空」はもちろん、国内外の魅力的な絵本の販売もおこないます。皆様のご参加を楽しみにお待ちいたしております。

 

image0.jpeg  

 

(「星空」ジミー・リャオ/作 天野健太郎/訳 トゥーヴァージンズ刊 2160円)

 

 

日時:2017年10月28日(土) 15:30開演(15:00開場)

 

※約1時間の公演後は、絵本をゆったり味わえるティータイム。最長、18時までお楽しみいただけます。

 

 

 

出演:樋口みづほ(朗読&Vo)、西脇敦子(p.)

 

 


樋口みづほ(朗読&Vo 写真左)

 

京都市出身。幼少より歌い始め、ゴスペル、ソウル系バンドのヴォーカルを経て、Jazzに出逢い、ボイストレーニング及びジャズボーカルを浦千鶴子氏、アンサンブルを佐藤由行氏に師事。現在京都・大阪で精力的にライヴ活動を行っている。ジャズボーカリストとして活躍する一方、京都ライトハウスでの音訳や活動の他、「朗読&Jazz」として、詩や絵本、物語の朗読とジャズを融合したライブ活動にも取り組んでいる。響き館での、朗読とジャズのライヴは、今回が12度目となる。

 

 

西脇敦子(p. 写真右)

 

現在、京阪神のライブハウスを中心に活躍中のジャズピアニスト。嵐山音楽祭・高槻ジャズストリート・浜大津ジャズフェスティバルなどのイベントにも多数出演、「お客様も、演奏している私自身も楽しく!」をモットーに、ボサノバ&ジャズのスタンダードナンバーを演奏している。絵本に対する関心、造詣も深く、これまでの公演でも、作品の場面やメッセージ性を見事にとらえた即興演奏を披露してきた。

 

 

会費:1800円(要予約・先着順、お飲み物つき 約15名定員)

 

 

お申込み方法:

 

当HPの「お問い合わせフォーム」より、「参加者のお名前、人数、ご連絡のつきやすい電話番号」をご記入の上、送信をお願いいたします。先着順にて受け付けをさせていただき、確認のメールを返信させていただきます。(会場規模の関係で、原則一組2名様まででお願いしています。数日経っても確認のメールが届かない場合は、記入ミスや誤送信の可能性がありますので、恐れ入りますが、再度ご連絡をお願いいたします。)

 

 

 

※非常に小さなスペースですので人数が限られております。先着順を分かりやすくするためにメールでのお申込みにご協力いただきたいのですが、ご事情がありましたら、ご遠慮なくお電話いただけたらと思います(不在の際は、「参加者のお名前、人数、ご連絡先のお電話番号」をメッセージにお残しください)。

 

 

 

 

 

オススメ絵本の紹介・販売

 

響き館では、企画展と連動した「今月の絵本」、また定番絵本や、これまでの企画展で紹介させていただいた絵本などを、語りや音楽などを用いて、手作りの紹介と販売をさせていただいております。


イベント開催のご相談は、お気軽にお寄せ下さい


響き館では、絵本はもちろん、朗読会や、コンサート、絵画の展覧会、各種ワークショップ、教室など、様々なイベントを開催していきたいと思っています。もし、当館で何か企画してみたいと思われる方は、お気軽に左記のお問い合わせフォームよりご連絡、ご相談下さい。プロの方だけでなく、学生の方や、アマチュア、ボランティアの方も、歓迎いたします。